2015年07月09日

機種変更時にやったこと

準備のエントリーでも書いてたのですが、改めて。
ざっくりとは以下の通り。

・電子マネーのセンター預け
・LINEとかアプリで引越しが必要なものの対応

電子マネーについて

自分はQuICPayとEdyとWAON。
QuICPayは最悪ポストペイ方式なので面倒なだけでお金は消えないけども。

QuICPayの手順
ウェブサイト入ったら、
自分の使ってる会社
→QuICPay利用開始
→機種変更(お預け)
→受け取りパス発行
みたいな感じでOK。

WAONの手順
お客様メニュー
→機種変更手続き
→パス入力
→次へ
→保管
→パスが表示されるのでメモる

Edyの手順
メニュー
→機種変更の手続き
→残高を預ける
ここで楽天ID持ってるかどうかで分岐します。
ID持ってたら無料で預けられるけど、
ID無しでやろうとしたら100円取られます。
どうしても楽天会員になりたくないんじゃないなら新規登録すればいい。
(そんな人が何故Edy使ってるのか、とは思いますがw)

自分の電子マネー保管作業は以上。


アプリについて

LINEの作業

アカウントの引継ぎ
メールアドレスなどを紐付けておく必要があります。
しなかった場合、完全に孤立しますよ・・・
新規アカウント作成とかになって何もサルベージ出来ないのでご注意。
トークログの移植に関してはまたひと手間。
トークで右上からメニュー出して
トーク設定
→トーク履歴をバックアップ
でSDに保存。
PC経由かSD差し替えとかして、ちゃんと自分のIDでログインできたあとに
トーク設定
→トーク履歴のインポート
このインポートメニューが出ない場合は
バックアップファイルの位置が違うだけなのであわてない。
SD/LINE_Backup/なんとかかんとか.zip
で保存されているけど、機種によっては内部ストレージ側に置く必要があるっぽい。
isai VLはこのパターンでした。


あとはアドレス帳とかブックマークとかの移植も面倒ですね。
旧端末の仕様によってはサクっと移植できないかも。
自分はチマチマ数件ずつBlueToothで飛ばしました・・・


といった感じで変更時の対応覚えてるうちに書きなぐりました。

今回は以上!


posted by タカサン at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ機種変更 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。